出版年月順のNO.900番台にかかげているリストは、この書名順には入っていません。ご注意ください。
出版年月順のリストは→A.田辺聖子著書リスト(出版年月順)をご参照ください。

5

2018年06月15日現在
備考欄の*1は、再版時や文庫化の際に改題したもの、*2は共著他

書名のリンク先では、書誌データ(出版社、出版年月、ISBNなど)を表示します。

[あ][か][さ][た][な][は][ま][や][ら][わ]

[あ]

No.書名よみ初版年月備考
#046ああカモカのおっちゃんああかもかのおっちゃん1977-02
#055ああカモカのおっちゃん IIああかもかのおっちゃん1977-11
#067愛してよろしいですか?あいしてよろしいですか1979-04
#036愛の風見鳥あいのかざみどり1975-11
#058愛の幻滅あいのげんめつ1978-02
#158愛のレンタルあいのれんたる1993-10
#184iめぇ〜るあいめーる2002-10
#197愛を謳うあいをうたう2008-08
#013あかん男あかんおとこ1971-09
#057秋のわかれあきのわかれ1977-11
#043朝ごはんぬき?あさごはんぬき1976-09
#006甘い関係あまいかんけい1968-05
#195あめんぼに夕立 楽老抄 2あめんぼにゆうだち2007-02
#030言い寄るいいよる1974-11
#022言うたらなんやけどいうたらなんやけど1973-11
#041言うたらなんやけど 続いうたらなんやけど1976-06
#189一葉の恋いちようのこい2004-06
#085苺をつぶしながら 新・私的生活いちごをつぶしながら1982-04
#089いっしょにお茶をいっしょにおちゃを1983-01
#037イブのおくれ毛いぶのおくれげ1975-12
#038イブのおくれ毛 続いぶのおくれげ1976-01
#078芋たこ長電話いもたこながでんわ1980-11
#161ウキウキした気分うきうきしたきぶん1994-12
#014浮舟寺うきふねでら1971-12
#204うすうす知ってた Tanabe Seiko Collection 5うすうすしっていた2009-08
#032うたかたうたかた1975
#154古典まんだら うたかた絵双紙うたかたえそうし1993-01
#131うつつを抜かして オトナの関係うつつをぬかして1989-06
#124姥うかれうばうかれ1987-12
#157姥勝手うばかって1993-09
#081姥ざかりうばざかり1981-08
#099姥ときめきうばときめき1984-05
#180姥ざかり花の旅笠 小田宅子の「東路日記」うばざかりはなのたびがさ2001-06
#071絵草紙源氏物語えぞうしげんじものがたり1979-10
#215おいしいものと恋のはなしおいしいものとこいのはなし2015-07
#207老いてこそ上機嫌おいてこそじょうきげん2010-01
#162王朝懶夢譚おうちょうらんむたん1995-01
#108大阪弁おもしろ草子おおさかべんおもしろそうし1985-09
#061大阪弁ちゃらんぽらんおおさかべんちゃらんぽらん1978-06
#153おかあさん疲れたよおかあさんつかれたよ1992-12
#145お気に入りの孤独おきにいりのこどく1991-01
#133おくのほそ道おくのほそみち1989-09
「おくのほそ道」を旅しようおくのほそみちをたびしよう*1
#194おせい&カモカの昭和愛惜おせいかもかのしょうわあいせき2006-10
#169お聖さんの短篇 男と女おせいさんのたんぺん1997-04
#096おせいさんの団子鼻おせいさんのだんごばな1984-02
#029おせいさんの落語おせいさんのらくご1974-11
#048お聖どん・アドベンチャーおせいどんあどべんちゃー1977-03
#198おそすぎますか?おそすぎますか2008-10
#073おちくぼ姫 落窪物語おちくぼひめ1979-11
#053おちくぼ物語おちくぼものがたり*1
#201お茶が熱くてのめませんおちゃがあつくてのめません2009-04
#208お手紙下さい Tanabe Seiko Collection 8おてがみください2010-04
#933男と女は、ぼちぼちおとことおんなはぼちぼち2013-10田辺聖子・編著
#066男の城おとこのしろ1979-02
#052男はころり女はごろりおとこはころりおんなはごろり1977-09
#007鬼たちの声おにたちのこえ1968-11
#051鬼の女房おにのにょうぼう1977-06
#077オムライスはお好き?おむらいすはおすき1980-06
#084お目にかかれて満足ですおめにかかれてまんぞくです1982-01
#021女が愛に生きるときおんながあいにいきるとき1973-09
#080おんな商売おんなしょうばい1981-05
#083女の居酒屋おんなのいざかや1981-11
#187女のおっさん箴言集おんなのおっさんしんげんしゅう2003-04
#055女の気まま運転 カモカ・シリーズ2おんなのきままうんてん*1
#093女の口髭おんなのくちひげ1983-08
#005女の食卓おんなのしょくたく1968
#106女の中年かるたおんなのちゅうねんかるた1985-07
#064女の停車場 カモカ・シリーズ3おんなのていしゃじょう*1
#123女のとおせんぼおんなのとおせんぼ1987-10
#019女の長風呂 おんなのながぶろ1973-02
#023女の長風呂 続おんなのながぶろ1974-01
#074女のハイウェイ カモカ・シリーズ4おんなのはいうぇい*1
#010女の日時計おんなのひどけい1970-12
#100女の幕ノ内弁当おんなのまくのうちべんとう1984-09
#016女の目くじらおんなのめくじら1972-05

[か]

No.書名よみ初版年月備考
#168鏡をみてはいけませんかがみをみてはいけません1996-08
#128蜻蛉日記をご一緒にかげろうにっきをごいっしょに*1
#034籠にりんごテーブルにお茶かごにりんごてーぶるにおちゃ1975-08
#087風をくださいかぜをください1982-10
#064カモカのおっちゃん興味しんしんかもかのおっちゃんきょうみしんしん1978-11
#074カモカのおっちゃん興味しんしん 2かもかのおっちゃんきょうみしんしん1979-11
#165かるく一杯かるくいっぱい1995-04
#002感傷旅行《センチメンタル・ジャーニイ》せんちめんたるじゃーにい1964-03
#039休暇は終ったきゅうかはおわった1976-03
#020求婚旅行きゅうこんりょこう1973-07
#140霧ふかき宇治の恋きりふかきうじのこい1990-05
#150金魚のうろこきんぎょのうろこ1992-06
#125九時まで待ってくじまでまって1988-01
#134結婚ぎらいけっこんぎらい1989-09
#114嫌妻権けんさいけん1986-09
#187源氏がたりげんじがたり*1
#082源氏紙風船げんじかみふうせん1981-10
#147源氏たまゆらげんじたまゆら1991-08
#146「源氏物語」男の世界げんじものがたりおとこのせかい1991-06
#138「源氏物語」の男たち
 ミスター・ゲンジの生活と意見
げんじものがたりのおとこたち1990-01
#179恋する罪びとこいするつみびと2000-06
#101恋にあっぷあっぷこいにあっぷあっぷ1984-10
#120恋のからたち垣の巻 異本源氏物語こいのからたちがきのまき1987-04
#009ここだけの女の話ここだけのおんなのはなし1970-02
#216古今盛衰抄こきんせいすいしょう2017-09
#042古川柳おちぼひろいこせんりゅうおちぼひろい1976-09
#063孤独な夜のココアこどくなよるのここあ1978-10
#033小町盛衰抄 歴史散歩私記こまちせいすいしょう1975-05
#177小町・中町浮世をゆくこまちちゅうまちうきよをゆく2000-03
#154今昔まんだらこんじゃくまんだら*1
#143今昔物語絵双紙こんじゃくものがたりえぞうし1990-09

[さ]

No.書名よみ初版年月備考
#213歳月がくれるもの   まいにち、ごきげんさんさいげつがくれるもの2013-06
#088歳月切符さいげつきっぷ1982-11
#069魚は水に 女は家にさかなみずにおんなはいえに1979-05
#188残花亭日暦ざんかていにちれき2004-01
#060三十すぎのぼたん雪さんじゅうすぎのぼたんゆき1978-03
#044私的生活してきせいかつ1976-11
#110死なないでしなないで1985-12
#126私本・イソップ物語 おせいさんのイソップ咄しほんいそっぷものがたり1988-01
#075私本・源氏物語しほんげんじものがたり1980-01
#159週末の鬱金香《チューリップ》しゅうまつのちゅーりっぷ1994-10
#121春情蛸の足しゅんじょうたこのあし1987-07
#202上機嫌な言葉366日じょうきげんなことば366にち2009-04
#211上機嫌の才能じょうきげんのさいのう2011-09
#104ジョゼと虎と魚たちじょぜととらとうおたち1985-03
#040妾宅、本宅しょうたくほんたく1976-04
#135性分でんねんしょうぶんでんねん1989-09
#065新源氏物語しんげんじものがたり1978-11
#097しんこ細工の猿や雉しんこざいくのさるやきじ1984-04
#183人生の甘美なしたたりじんせいのかんびなしたたり2002-06
#186人生は、だましだましじんせいはだましだまし2003-03
#070スヌー物語 浜辺先生ぶーらぶらすぬーものがたり1979-07
#018すべってころんですべってころんで1973-01
#163ずぼらずぼら1995-03
#054世間知らずせけんしらず1977-10
#173セピア色の映画館せぴあいろのえいがかん1999-03
#002感傷旅行《センチメンタル・ジャーニイ》せんちめんたるじゃーにい1964-03
#203そのときはそのとき 楽老抄 4らくろうしょう2009-06
#109川柳でんでん太鼓せんりゅうでんでんだいこ1985-10

[た]

No.書名よみ初版年月備考
#079竹取物語・伊勢物語たけとりものがたり いせものがたり1980-11
#190田辺写真館が見た“昭和”たなべしゃしんかんがみたしょうわ2005-05
#073田辺聖子が語る落窪物語たなべせいこがかたるおちくぼものがたり1983-11*1
#128田辺聖子と読む蜻蛉日記たなべせいことよむかげろうにっき1988-06
#142田辺聖子の味三昧たなべせいこのあじざんまい1990-07
#193田辺聖子のえんぴつ書きとり百人一首 たなべせいこのえんぴつかきとりひゃくにんいっしゅ2006-08
#115田辺聖子の小倉百人一首たなべせいこのおぐらひゃくにんいっしゅ1986-10
#178田辺聖子の源氏がたりたなべせいこのげんじがたり2000-04
#111田辺聖子の古事記たなべせいこのこじき1986-01
#143田辺聖子の今昔物語たなべせいこのこんじゃくものがたり*1
#209田辺聖子の古典まんだらたなべせいこのこてんまんだら2011-01
#212田辺聖子の古典まんだら   続たなべせいこのこてんまんだら2013-01
#200田辺聖子の人生あまから川柳たなべせいこのじんせいあまからせんりゅう2008-12
#011たのしきわが家たのしきわがや2010-08改版時改題
#095ダンスと空想だんすとくうそう1983-12
#015千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子ちすじのくろかみ1972-02
#062中年ちゃらんぽらんちゅうねんちゃらんぽらん1978-06
#026中年の目にも涙ちゅうねんのめにもなみだ1974-06
#076蝶花嬉遊図ちょうかきゆうず1980-04
#011貞女の日記ていじょのにっき1971-04
#107手づくり夢絵本てづくりゆめえほん1985-09
#167手のなかの虹 私の身辺愛玩てのなかのにじ1996-03
#141天窓に雀のあしあとてんまどにすずめのあしあと1990-06
#144東海道中膝栗毛とうかいどうちゅうひざくりげ1990-09
「東海道中膝栗毛」を旅しようとうかいどうちゅうひざくりげをたびしよう*1
#170道頓堀の雨に別れて以来なり
 川柳作家・岸本水府とその時代
どうとんぼりのあめにわかれていらいなり1998-03
#119ときがたりデカメロンときがたりでかめろん1987-03
#137どこ吹く風 男と女の新フレンド事情どこふくかぜ1989-11
#156とりかえばや物語とりかえばやものがたり1993-07
#112どんぐりのリボンどんぐりのりぼん1986-02

[な]

No.書名よみ初版年月備考
#185なにわの夕なぎなにわのゆうなぎ2003-01
#116浪速ままごとなにわままごと1986-10
#166ナンギやけれど… わたしの震災記なんぎやけれど1996-01
#086苦味《ビター》を少々 399のアフォリズムびたーをしょうしょう1982-10
#059人間ぎらいにんげんぎらい1978-02
#122猫なで日記 私の創作ノートねこなでにっき1987-09
#008猫も杓子もねこもしゃくしも1969-09
#206鼠の浄土 Tanabe Seiko Collection 7ねずみのじょうど2009-12
#148乗り換えの多い旅のりかえのおおいたび1992-01

[は]

No.書名よみ初版年月備考
#102はじめに慈悲ありきはじめにじひありき1984-12
#164薄荷草の恋《ペパーミント・ラブ》ぺぱーみんとらぶ1995-03
#001花狩はながり1958-11
#118花衣ぬぐやまつわる…… わが愛の杉田久女はなぎぬぐやまつわる1987-02
#155花ははらはら人ちりじり 私の古典摘み草はなははらはらひとちりじり1993-01
#025花婿読本はなむこどくほん1974-05
#049浜辺先生町を行くはまなべせんせいまちをいく1977-04
#045隼別王子の叛乱はやぶさわけおうじのはんらん1977-01
#136薔薇の雨ばらのあめ1989-09
#090春のめざめは紫の巻 新・私本源氏はるのめざめはむらさきのまき1983-05
#178光源氏ものがたりひかるげんじものがたり*1
#072日毎の美女 新・醜女の日記ひごとのびじょ1979-10
#086苦味《ビター》を少々 399のアフォリズムびたーをしょうしょう1982-10
#151ひねくれ一茶ひねくれいっさ1992-09
#192ひよこのひとりごと 残るたのしみひよこのひとりごと2006-06
#127不機嫌な恋人ふきげんなこいびと1988-05
#031文車日記 私の古典散歩ふぐるまにっき1974-11
#130ブス愚痴録ぶすぐちろく1989-04
#105ベッドの思惑べっどのおもわく1985-03
#132不倫は家庭の常備薬ふりんはかていのじょうびやく1989-07
#199ふわふわ玉人生 楽老抄 3らくろうしょう2008-12
#164薄荷草の恋《ペパーミント・ラブ》ぺぱーみんとらぶ1995-03
#091返事はあしたへんじはあした1983-05
#113星を撒くほしをまく1986-04
#050欲しがりません勝つまでは 私の終戦までほしがりませんかつまでは1977-04
#129ぼちぼち草子ぽちぼちそうし1988-10
#175ほっこりぽくぽく上方さんぽほっこりぽくぽくかみがたさんぽ1999-07
#027ほとけの心は妻ごころほとけのこころはつまごころ1974-10
#152ほととぎすを待ちながら
 好きな本とのめぐりあい
ほ ととぎすまちながら1992-10
#169ほどらいの恋 お聖さんの短篇ほどらいのこい*1
#098炎の女たち わたしの日本女性史ほのおのおんなたち1984-04
#117ほのかに白粉の匂い 新・女が愛に生きるときほのかにおしろいのにおい1986-12

[ま]

No.書名よみ初版年月備考
#053舞え舞え蝸牛 新・落窪物語まえまえかたつぶり1977-09
#191枕草子 ビジュアル版日本の古典に親しむ 5まくらのそうし2006-03
#056まごつき一家まごつきいっか1977-11
#017窓を開けますか?まどをあけますか1972-12
#103宮本武蔵をくどく法みやもとむさしをくどくほう1985-01
#092むかし・あけぼの 小説枕草子むかしあけぼの1983-06
#205無芸大食 Tanabe Seiko Collection 6むげいたいしょく2009-10
#028無情ソング 小説・冠婚葬祭むじょうそんぐ1974-10
#182武玉川・とくとく清水むたまがわ2002-06
#012もと夫婦もとふうふ1971-08

[や]

No.書名よみ初版年月備考
#035夕ごはんたべた?ゆうごはんたべた1975-09
#094夢の菓子をたべて わが愛の宝塚 ゆめのかしをたべて1983-10
#160夢渦巻ゆめうずまき1994-11
#181夢の櫂こぎどんぶらこゆめのかいこぎどんぶらこ2002-02
#172ゆめのしずく 楽老抄らくろうしょう1999-02
#139夢のように日は過ぎてゆめのようにひはすぎて1990-02
#176ゆめはるか吉屋信子 秋灯机の上の幾山河ゆめはるかよしやのぶこ1999-09
#196百合と腹巻 Tanabe Seiko Collection 1ゆりとはらまき2008-08
#024夜あけのさよならよあけのさよなら1974-04
#149よかった、会えてよかったあえて1992-06
#214夜の一ぱいよるのいっぱい2014-01
#068ヨーロッパ横町たべあるきよーろっぱよこちょうたべあるき1979-05

[ら]

No.書名よみ初版年月備考
#171楽天少女通ります 私の履歴書らくてんしょうじょとおります1998-04
#172楽老抄 ゆめのしずくらくろうしょう1999-02
#195あめんぼに夕立 楽老抄 2あめんぼにゆうだち2007-02
#199楽老抄 3 ふわふわ玉人生らくろうしょう2008-12
#203楽老抄 4 そのときはそのときらくろうしょう2009-06
#047ラーメン煮えたもご存じないらーめんにえたもごぞんじない1977-02

[わ]

No.書名よみ初版年月備考
#003私の大阪八景わたしのおおさかはっけい1965-11
#004わが敵 MY ENEMYわがてき1967-10
#210われにやさしき人多かりき   わたしの文学人生われにやさしきひとおおかり2011-03