top

bottom

鶴見俊輔集(筑摩書房刊)リスト 簡易版

 鶴見俊輔集(筑摩書房刊)・リストから「初出データ」を除いた"リストと目次"のみの簡易版です。

巻数,標 題,刊行年月
第01巻,アメリカ哲学,1991年12月
第02巻,先行者たち,1991年10月
第03巻,記号論集,1992年02月
第04巻,転向研究,1991年11月
第05巻,現代日本思想史,1991年05月
第06巻,限界芸術論,1991年06月
第07巻,漫画の読者として,1991年07月
第08巻,私の地平線の上に,1991年04月
第09巻,方法としてのアナキズム,1991年08月
第10巻,日常生活の思想,1992年02月
第11巻,外からのまなざし,1991年09月
第12巻,読書回想,1992年03月
続第01巻,新しい開国,2000年11月
続第02巻,御一新の嵐,2001年01月
続第03巻,高野長英・夢野久作,2001年02月
続第04巻,柳宗悦・竹内好,2001年03月
続第05巻,アメノウズメ伝,2001年06月



収録作品明細

各巻の目次より作成しました。

第01巻, アメリカ哲学

ブックデータ
タイトル:アメリカ哲学,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-12-05,
ISBN:978-4-480-74701-3,大きさ:19cm 480p,
備考:

目次

  • アメリカ哲学
    • 第一篇 プラグマティズム各論
      • 第一章 プラグマティズムの起源
      • 第二章 パースの人と思想
      • 第三章 パースの意味
      • 第四章 ジェイムズの人と思想
      • 第五章 哲人法官ホウムズ
      • 第六章 G・H・ミード
      • 第七章 オットーの人と思想
      • 第八章 プラグマティズム年代記
    • 第二篇 プラグマティズム総論
      • 第九章 プラグマティズムの構造
      • 第十章 プラグマティズムの位置
      • 第十一章 プラグマティズムの可能性
    • 第三篇 プラグマティズムの周辺
      • 第十二章 サンタヤナ —— 唯美主義 ——
      • 第十三章 ハックスリー —— 非人間主義 ——
      • 第十四章 佐々木邦 —— 小市民の日常生活 ——
      • 第十五章 プラグマティズムと日本
    • 追補 プラグマティズムとの出会い
  • フランクリンの人と思想
  • プラグマティズムの発達概説
  • 折衷主義の哲学としてのプラグマティズムの方法
  • 北米体験再考
    • 序章 ケムブリッジ ——東ボストン
    • 第一章 マシースン
    • 第二章 スナイダー
    • 第三章 フェザーストーンとクリーヴァー
    • 終章 岩国
    • あとがき
  • 革命について
  • 著者自身による解説
  • 解題

第02巻, 先行者たち

ブックデータ
タイトル:先行者たち,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-10-15,
ISBN:978-4-480-74702-0,大きさ:19cm 451p,
備考:

目次

  • デューイ
    • まえがき
    • I デューイの思想
      • 1 デューイの哲学の核心
      • 2 哲学者としてのフランクリン
      • 3 アメリカ哲学の特色
      • 4プラグマティズム誕生の背景
    • II デューイの生涯
      • 1 早熟にして晩成
      • 2 大学を転々
      • 3 社会活動の組織者としての哲学者
      • 4 第一次世界大戦とデューイ
      • 5 日本へ
      • 6 中国へ
      • 7 トロッキー裁判
      • 8 統一科学への参加と反発
      • 9 晩年
    • III デューイの著作
      • 1 生前未刊行の著作
      • 2 倫理学
      • 3 教育思想
      • 4 美学
      • 5 論理学
      • 6 価値評価の理論
      • 7 用語論
      • 8 形而上学
      • 9 政治哲学
      • 10 宗教哲学
    • IV デューイ以後
      • 1 哲学史の中で
      • 2 普通人デューイ
      • 3 デューイと日本
    • V 資料
      • デューイの略年表
      • デューイの邦訳書
      • 著作・論文・講演
  • 二人の哲学者 ——デューイの場合と菅季治の場合——
    • 1 はじめに
    • 2 デューイのコミュニケーション論
    • 3 コミュニケーションとディスコミュニケーションの二重性
    • 4 コミュニケーションの神話
  •     *
  • ハヴェロック・エリス ——生の舞踏——
  • ハクスリー ——ハクスリーの日本文化——
  • オルテガ ——西欧近代、そののこした遺産——
  • イシャウッド ——小さな政治に光をあてたひと——
  • バーリン ——バーリンとひげ——
  •     *
  • 柳田国男 —— 母の糸車 ——
  • 柳宗悦 ——高度成長期への一つのヒント——
  • 中野重治 ——自分の中の古い自分——
  • 花田清輝 ——自分の腕の動きに向けるまなざし
  • 竹内好 ——うたがいをうたがう——
  • 著者自身による解説
  • 解題

第03巻, 記号論集

ブックデータ
タイトル:記号論集,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1992-01-15,
ISBN:978-4-480-74703-7,大きさ:19cm 492p,
備考:

目次

  • 字引について
  • 日本の思想用語
    • 序説
    • 方法
    • 世界観
    • 社会観・人生観
  • 哲学の言語
    • 一 序論
    • 二 哲学言語の発展
    • 三 日本の哲学言語
    • 四 哲学言語の未来
    • 後記
  •  *
  • 日本語と国際語
  • マルクス主義のコミュニケーション論
    • 一 まえがき
    • 二 唯物史観の原型
    • 三 その後のマルクス主義
    • 四 コミュニケーション論と弁証法論理学
  • コミュニケーション史上のアメリカ
    • 一 あたらしい通信手段
    • 二 伝統の再編成
    • 三 アメリカ型のコミュニケーション
  • コミュニケーション史へのおぼえがき
  •  *
  • 第七の宗教 ——モリス『人生の道』について——
  • コミュニケーションの理想型としての宗教
  •  *
  • 日本語と日本文化
    • 一 日本語と外国語
    • 二 日本語の中の外国語
    • 三 日常語と日本語・外国語
  • 日常の論理
    • 一 まえがき
    • 二 資料のつくり方
    • 三 整理の仕方
    • 四 ある考え方の例
  • 日本思想の特色と天皇制
  •  *
  • M・コンフォース『哲学の擁護』について
  • モリスの記号論大系
  • 言語の本質
    • 一 教師の言語観
    • 二 つたえることとかんがえること
    • 三 コミュニケーションの歴史——動物から人間へ——
    • 四 コミュニケーションの歴史——言語の出現からマス・コミュニケーションの出現まで——
    • 五 文体の基準
  • 記号の会について
  •  *
  • 言葉のお守り的使用法について
    • 一 言葉のつかいかた
    • 二 日本の現代史から
    • 三 日本の条件
    • 四 対策
    • 付記
  • 戦後小説の形
  • ベイシック英語の背景
  •  *
  • 哲学の反省
    • 歴史
    • 社会的背景
    • 三条の道
    • 要約
    • 危機と建設の時代における哲学の意義
    • 用語について
  • 著者自身による解説
  • 解題

第04巻, 転向研究

ブックデータ
タイトル:転向研究,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-11-15,
ISBN:978-4-480-74704-4,大きさ:19cm 499p,
備考:

目次

  • 転向研究
    • 転向の共同研究について
      • 一 なぜ転向の共同研究をするのか
      • 二 転向をとりあつかう方法
      • 三 その他の仕事とのつながり
    • 後記新人会員—— 林房雄・大宅壮一 ——
      • 一 新人会的人間像
      • 二 非典型的な新人会員
    • 虚無主義の形成—— 埴谷雄高 ——
      • 一 転向によって見えてきたもの
      • 二 日本共産党批判の視点
      • 三 埴谷雄高の哲学
      • 四 虚無主義の系譜
    • 翼賛運動の設計者——近衛文麿——
      • 一 翼賛運動と転向
      • 二 近衛文麿の転向
      • 三 近衛の周辺
      • 四 残された問題
    • 翼賛運動の学問論——杉靖三郎・清水幾太郎・大熊信行——
      • 一 行動としての科学
      • 二 社会行動としての科学
      • 三 国家行動としての科学
      • 四 翼賛運動と科学
    • 軍人の転向——今村均・吉田満——
      • 一 軍人とは何か?
      • 二 軍人の転向
      • 三 軍人の転向と戦後日本の思想
    • 転向論の展望——吉本隆明・花田清輝——
      • 一 戦後転向と戦後転向論
      • 二 戦後転向論と戦前転向論
  •  *
  • 太宰治とその時代
  • 坂口安吾・清水幾太郎・伊藤整
  • 共同研究の方法
  • 転向研究の方法
  •  *
  • すれちがい——哲学入門以前——
  • 死んだ象徴
  • 素材と方法——『思想の科学』の歴史の一断面
  • 著者自身による解説
  • 解題

第05巻, 現代日本思想史

ブックデータ
タイトル:現代日本思想史,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-05-15,
ISBN:978-4-480-74705-1,大きさ:19cm 502p,
備考:

目次

  • 戦時期日本の精神史—— 一九三一〜一九四五年 ——
    • 一九三一年から四五年にかけての日本への接近
    • 転向について
    • 鎖国
    • 国体について
    • 大アジア
    • 非転向の形
    • 日本の中の朝鮮
    • 非スターリン化をめさして
    • 玉砕の思想
    • 戦時下の日常生活
    • 原爆の犠牲者として
    • 戦争の終り
    • ふりかえって
    • あとがき
  •  *
  • 戦後日本の大衆文化史—— 一九四五〜一九八〇年 ——
    • 占領——押しつけられたものとしての米国風生活様式
    • 占領と正義の感覚について
    • 戦後日本の漫画
    • 寄席の芸術
    • 共通文化を育てる物語
    • 六〇年代以後のはやり歌について
    • 普通の市民と市民運動
    • くらしぶりについて
    • 旅行案内について
    • あとがき
  •  *
  • 身上相談
    • 身上相談について
    • 男女交際
  • 大正期の文化
    • 一 大正文化のイメージ
    • 二 市民主義思想の形成——『白樺』を中心として ——
    • 三 新人の理想像 ——『青鞜』を中心として ——
    • 四 大衆小説と世界意識 ——『大菩薩峠』と『地上』 ——
    • 五 自治の国
  • 『中央公論』の歴史
  • 占領者のわくぐみと被占領者のわくぐみ
  • 日本映画に出てくる外人
  • 著者自身による解説
  • 解題

第06巻, 限界芸術論

ブックデータ
タイトル:限界芸術論,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-06-15,
ISBN:978-4-480-74706-8,大きさ:19cm 488p,
備考:

目次

  • 芸術の発展
    • 一 限界芸術の理念
    • 二 限界芸術の研究
    • 三 限界芸術の批評
    • 四 限界芸術の創作
  •  *
  • 大衆芸術論
    • 勅語・カルタ・じゃんけん
    • 漫才の思想
    • らくがきと綴り方
    • 生花の位置
    • ラジオ文化
    • 私の愛読した広告
    • 言葉あそびについて
    • マスメディア
    • 『ガラクタ百科』によせて
    • 本と装幀
  •  *
  • 黒岩涙香
    • 大きなうずの中で
    • 生いたち
    • 六人のチーム
    • 万朝報の発足
    • 独走する黒岩ジャーナリズム
    • エネルギイズム
    • 趣味への注目
    • 小野小町論
    • 大正デモクラシー
    • 綜合文化の概念
  • 新聞小説論 —— 高木建夫『新聞小説史稿』を読んで ——
  • 円朝における身ぶりと象徴
  • 『鞍馬天狗』の進化
  • まげもの のぞき眼鏡
    • はじめの言葉
    • 脇役
    • 人間の格づけ
    • 浪人の行方
    • 時代物作家
  • 冗談音楽の流れ
  • 一つの日本映画論——「振袖狂女」について——
  • 現代の歌い手
  • 国民文化論
  •  *
  • 太夫才蔵伝—— 漫才をつらぬくもの——
    • 第一章 漫才との出会い
    • 第二章 万歳の源流
    • 第三章 都会の夢
    • 第四章 役割分担
    • 第五章 放送史の流れのなかで
    • 第六章 広告の歴史のなかで
    • 第七章 興業の歴史のなかで
    • 第八章 社会思想史の一ページ
    • 第九章 エンタツ・アチャコの登場
    • 第十章 家の内と外
    • 第十一章 にせものの哲学
    • 第十二章 過ぎたる望み
    • 第十三章 万歳の要素
    • 第十四章 パンチとジュディー
    • 第十五章 万歳と日本の伝統
    • あとがき
  • 著者自身による解説
  • 解題

第07巻, 漫画の読者として

ブックデータ
タイトル:漫画の読者として,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-07-15,
ISBN:978-4-480-74707-5,大きさ:19cm 440p,
備考:

目次

  • 漫画の読者として
  •  *
  • 物語漫画の歴史
  • アメリカの漫画と生活
  • 鳥羽僧正と『鳥獣戯画』
  • 漫画的精神について
  • 忍術漫画論
  • 『ガロ』の世界
  • マンガはハングリー・アートか
  • 漫画の面白い社会
  • 魂の躍動を探す楽しみ
  • 漫画という言語
  • 風刺はひかれものの小唄か
  •  *
  • 漫画の戦後思想
    • 1 はじめに
    • 2 サザエさん ——長谷川町子——
    • 3 都市 ——手塚治虫——
    • 4 忍者 ——白土三平——
    • 5 悪魔くん ——水木しげる——
    • 6 海 ——つげ義春——
    • あとがき
    • 参考文献
  •  *
  • 無意味にめざめよ ——加藤芳郎——
  • バーレスクについて ——富永一朗——
  • エゴイズムによる連帯 ——滝田ゆう——
  • 体験と非体験を越えて——戦争漫画——
  •  *
  • 昭和マンガのヒーローたち
    • 『あしたのジョー』(高森朝雄/ちばてつや)
    • 『トイレット博士』(とりいかずよし)
    • 『谷岡やすじのギャグトピア』(谷岡やすじ)
    • 『ダメおやじ』『減点パパ』(古谷三敏)
    • 『男おいどん』(松本零士)
    • 『キャプテン』(ちばあきお)
    • 『おれは鉄兵』(ちばてつや)
    • 『がきデカ』(山上たつひこ)
    • 『三つ目がとおる』(手塚治虫)
    • 『嗚呼!! 花の応援団』(どおくまんプロ)
    • 『ポケットの中の季節』(樹村みのり)
    • 『ファンタジー・ゾーン』(ますむらひろし)
    • 『風と木の詩』『地球《テラ》へ…』(竹宮恵子)
    • 『東大一直線』(小林よしのり)
    • 『博多っ子純情』(長谷川法世)
    • 『まんだら屋の良太』(畑中純)
    • 『Dr.《ドクター》スランプ』(鳥山明)
    • 『風の谷のナウシカ』(宮崎駿)
    • 『ほのぼの』『まんだら屋の良太』『のはらうた』(いがらしみきお/畑中純/工藤直子)
    • 『ちびまる子ちゃん』『おぼっちゃまくん』(さくらももこ/小林よしのり)
    • 『少年アシベ』(森下裕美)
  •  *
  • 長新太の作品(対談・河合隼雄)
  • 著者自身による解説
  • 解題

第08巻, 私の地平線の上に

ブックデータ
タイトル:私の地平線の上に,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-04-15,
ISBN:978-4-480-74708-2,大きさ:19cm 572p,
備考:

目次

  • 私の地平線の上に
    • 最初の本『団子串助』再読
    • 教科書と先生たち
    • 三面記事の世界
    • 号外の記憶
    • 占領と戦史
    • わが欠落(I)
    • 先祖さがし
    • めだかの学校
    • ひきがえるの旗
    • 二つの日付け
    • わが欠落(II)
    • ヴァニシング・ポイント
  •  *
  • 講演 戦時から考える(聞き手・松本健一)
  •  *
  • ひとが生まれる ——五人の日本人の肖像——
    • はじめに
    • 中浜万次郎 ——行動力にみちた海の男——
    • 田中正造 ——農民の初心をつらぬいた抵抗——
    • 横田英子 ——明治の代表的日本女性——
    • 金子ふみ子 ——無籍者として生きる——
    • 林 尹夫 ——死を見つめる——
    • あとがき
  •  *
  • ラナルドの漂流
  • 心の山河
  •  *
  • かるた
  • 苔のある日記
  • 戦争のくれた字引き
  • 退行計画
  •  *
  • 詩・訳詩
    • らくだの葬式
    • 人形の台詞
    • くわいの歌
    • KAKI NO KI
    • YUKAI NA ASA
    • 自由はゆっくりと来る
    • らっきょうの歌
    • かたつむり
    • ある日
    • 忍術はめずらしくなくなった
    • 日録——核のもちこみ
    • まちがいはどこへゆくか
    • 寓話
    • 「神々の黄昏」から
    • 輝け、亡びゆく共和国
    • このいそがいしい怪物、人非人類をあわれんで
    • 不思議な出会い
  • 著者自身による解説
  • 解題

第09巻, 方法としてのアナキズム

ブックデータ
タイトル:方法としてのアナキズム,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-08-10,
ISBN:978-4-480-74709-9,大きさ:19cm 542p,
備考:

目次

  • 方法としてのアナキズム
  •  *
  • 石川三四郎
  • オーウェルの政治思想
  • 動揺するガンジー ——エリック・H・エリックソン『ガンジーの真理』——
  •  *
  • サークルと学問
  • なぜサークルを研究するか
  •  *
  • 時論 I 敗戦から六〇年安保まで
    • みごとな占領の終りに
    • 知識人の戦争責任
    • 自由主義者の試金石
    • 戦争責任の問題
  •  *
  • 時論 II 六〇年安保から七〇年安保まで
    • 根もとからの民主主義
    • いくつもの太鼓のあいだにもっと見事な調和を
    • さまざまの無関心
    • 金東希にとって日本とはどういう国か
    • 二十四年目の「八月十五日」
    • 脱走兵の肖像
    • 特別弁護
  •  *
  • 時論 III 七〇年安保から一九八〇年まで
    • ポールののこしたもの
    • リンチの思想
    • 機動隊導入
    • 忘れら去られた他民族
    • この事実の重さ
    • 国家と私
    • 開高健の政治意識
    • 戦後の次の時代が見失ったもの——粕谷一希氏に答える——
  •  *
  • 時論 IV 一九八〇年から昭和の終りまで
    • ダルマに眼は入るか
    • はっきりしたのはいいことだ
    • 遠い記憶としてではなく
    • ヌーサ・ヘッズ会議の提起したもの
    • 長大な視野を持つ——「市民の目 まちの声」五十人の投書を読んで——
    • 昭和の終りに
    • 政策と敬意と
  •  *
  • 残された問題
    • 明治天皇伝説
    • ファンシップについて
    • 今日にひきつがれている大逆事件
    • 天皇への熱愛と憎悪の書
    • 戦争裁判に批判をくわえるいとぐち
    • 明石順三と灯台社
    • 生活実感から社会をみる
    • うえ死のこだま
    • 小野二郎『紅茶を受け皿で』を読む
    • 戦後民主主義が消えたあとに——『わが生活 わが思想』を読んで——
    • 禿山に思う
    • 人間と国
    • 深層の政治——それととりくむことをさけることはできない——
    • 寒中死刑大会
  •  *
  • 講演 マンガの歴史から(聞き手・加藤典洋)
  • 講演 日本のマンガの指すもの(聞き手・中沢新一 終講の言葉・桑原武夫)
  • 著者自身による解説
  • 解題

第10巻, 日常生活の思想

ブックデータ
タイトル:日常生活の思想,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1992-02-15,
ISBN:978-4-480-74710-5,大きさ:19cm 614p,
備考:

目次

  • わたしの子どもだったころ
  •  *
  • 日本思想の可能性
  •  *
  • 世代から世代へ
  • 人間と家族
  • 二人の主婦の詩の中から
  • 具体的な説得力を ——女性の思想について——
  • 好みの問題
  • 子どもの眼
  • センスとナンセンス
  • 老いへの視野
  • 老いの先輩
  •  *
  • 家の神
    •  I
    • 一 ある帰国
    • 二 物としての家
    • 三 無意識の部分
    • 四折り目
    •  II
    • 五 ひっこし
    • 六 家の神にそむいて
    • 七 家出
    •  III
    • 八 欠損家庭
    • 九 死場所
    • 十 ささやかな理想
    • 十一 おわりに
  •  *
  • 家の会と二十五年
  •  *
  • 恩人
  • 独行の人 ——坂西志保さんのこと——
  • 戦時からの呼び声
  • コーヒー店から三五年
  • ある同時代人の肖像
  • 戦時の投書から ——小沢信男論——
  • 忘れることの中にそれがある
  • そのカトリック精神
  • 加藤周一の流儀
  • 梅棹忠夫頌
  •  *
  • わたしのアンソロジー
  • わたしの韻文批評
  • さまざまな対 ——例解結婚学入門——
  •  *
  • 白樺から遠く
  • スタイルの思想
  • 未来とのつきあいの作法
  • 「怪奇小説」と三代の意図
  • 下宿の小母さん
  • 秘密結社の思いで
  • ジンジャーブレッド・マンの話
  • ことばを求めて
    • 試験について
    • わい談について
    • 「カント? ウフフ」の立場
    • 最後のもてなし
    • 言語圏を求める
    • 「自閉症」ということば
    • 教科書について
    • 卒業について
    • ひとりの読者
    • わからない言葉
    • 一回かぎりのことば
  • 「本の虫」の感想
  • 難民を撮り続けたもう一人の難民 ——キャパの写真を見て——
  • ある戦後
  • 蝋燭は静に燃え
  • 書誌学者についての書誌学
  • 町の会話
  • 礼法の先生
  • 年のはじめ —— 一九五二年一月一日——
  • 今すぐ最大の効果
  • 読者として ——「新聞週間」に寄せて——
  • 楽園追放異説
  • グルメのさまざま
  • 早く早くをはぐらかす工夫
  • ふところの深い日本語へ
  • 夏をむかえて
  • 自分をしめだして
  • 異文化に学ぶ
  • もうひとつの東京
  • 普通のくらし
  • 私のウグイス
  • 究極の同窓会
  • 親子相談
  • どこで人を見るか
  • メキシコの同時通訳
  • サーカスの思いで
  • 彼の挫折が未来をてらす
  • 風呂に入っている日本文学
  • 安部譲二の「人生問答」
  • 中華料理の話
  • 主に読者として
  • 生方敏郎と雑誌『古人今人』
  • 片言隻語
  • 自分用の本
  • 『ちちははの記』
  •  *
  • 講演 図書館と私 ——反対図書館のイメージ——
  •  *
  • 日本の古典
  • アメリカ人の句会
  • 生きている歴史
  • 風呂は娯楽の王
  • 今日の思想
  •  *
  • 私の母
  • 晩年の父
  • こどもについて
  •  *
  • 自殺について ——布施豊正『死の横顔』——
  • かたみについて
    • 一 伝統にとじこめられたかたみ
    • 二 技術革新時代のかたみ
    • 三 戦前・戦中・戦後のかたみ
    • 四 かたみのゆくえ
  • 著者自身による解説
  • 解題

第11巻, 外からのまなざし

ブックデータ
タイトル:外からのまなざし,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1991-09-15,
ISBN:978-4-480-74711-2,大きさ:19cm 535p,
備考:

目次

  • グアダルーペの聖母 ——メキシコ・ノート——
    • 亡国の民の伝統
    • 国の中のもうひとつの国
    • かけひきのない市場
    • 殉教の壁画のある町
    • ヴィヤとリード
    • グアダルーペの聖母
    • 佐野碩のこと
    • 死の見える社会
    • メキシコ史年表
    • あとがき
  •  *
  • エル・コレヒオでの一年を終えて
  •  *
  • 朝鮮人の登場する小説
    • 一 小説にあらわれた民族
    • 二 朝鮮の肖像
    • 批判に答えて
  • 暗黙の前提一束
  • 民際性を与える日本語文学
  • 日本人の世界の見方をかえるいとぐち
  • 日本にめざめる一つの機会
  • 韓国から日本へ
  • 分断
  • 著述のもとのかたち ——金芝河のたたかい——
  •  *
  • モラエス
  • 日本思想の言語 ——小泉八雲論——
  •  *
  • 絵葉書の余白に ——文化のすきまを旅する——
    •  I
    • 北の果ての共和国 ——アイスランド——
    • 市民の記憶術 ——ポーランド——
    • 文化の胞子/リラ修道院 ——ブルガリア——
    • 市会堂の大時計 ——チェコスロヴァキア——
    • スノウドンの山の物語 ——ウェイルズ——
    • ストーンヘンジの時間 ——イングランド——
    • キラーニーの湖 ——アイスランド——
    • 小国群像 ——アンドラ、サン・マリノ、ヴァティカン——
    • 白夜のラップランド ——スウェーデン——
    • 二つの国を見わたして ——カナダの居留地——
    • 四五年ぶりに ——オーストラリア——
    • 見えない風景 ——ギリシアとトルコ——
    • ガンジス河のほとり ——インド——
    •  II
    • マサチューセッツ州 コンコード
    • 牢獄から見たアメリカ合衆国
    • 交換船の地球半周 ——アフリカ——
    • 手帖の中のドイツとジャワ
    •  III
    • 黒鳥陣屋のあと
    • あとがき
  • 著者自身による解説
  • 解題

第12巻, 読書回想

ブックデータ
タイトル:読書回想,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:1992-03-20,
ISBN:978-4-480-74712-9,大きさ:19cm 612p,
備考:

目次

  • 本と人と
    • I
    • ヤングさんのこと
    • 山中一等水兵
    • 対話の相手としてのタゴール
    • 字のこと
    • 老眼で思いだしたこと
    • 伝記について
    • 山本覚馬のこと
    • 山鹿泰治のこと
    • 田木繁について
    • うしろめたさ、あやうさ
    • 中野重治の重層的話法
    • 喜劇的定義と悲劇的定義
    • いねむりまでふくめて
    • 幻獣製作術
    • マッチ箱二つ
    • ある老い方
    • 民衆娯楽から国民娯楽へ ——『権田保之助著作集』——
    • 漫画は国境を越える
    • II
    • 矢内原伊作編『続・辻まことの世界』
    • 丸山真男著『戦中と戦後の間』
    • 渋谷黎子著『この風の音を聞かないか』
    • 柳父章著『翻訳とはなにか』
    • 中村智子著『「風流夢譚」事件以後』
    • 福田定良著『仕事の哲学』
    • 河内紀著『ベニヤの学校』
    • 竹国友康著『リトルトウキョウ物語』
    • 日本写真家協会編『日本現代写真史』
    • 金芝河著『苦行』
    • 宮本正男編『長谷川テル作品集』
    • III
    • 四十年たって耳にとどく
    • あとがき
  •  *
  • わたしの読書日記
  •  *
  • 大衆小説に関する思い出
  • 心に残る一冊の古典(『風土記』)
  • ひと口で言うと(宮沢賢治の作品)
  • おとなをねぶみするひま(マーク・トウェーン『トム・ソーヤーの冒険』)
  • 宣長の思い出(『本居宣長全集』)
  • 五十数年前の本と再会(夢野久作『犬神博士』)
  • 絵本のことを
  •  *
  • 好みについて ——耕治人を読む——
  • そうかもしれないという留保(『耕治人全集』)
  • 現代日本に対する一つの寓話(星新一『人民は弱し 官吏は強し』)
  • 『黄河海に入りて流る』雑感(武田泰淳の作品)
  • 理論をつちかうもの(竹内好『転形期——戦後日記抄——』)
  • 武谷三男の戦後の仕事(『物理学は世界をどう変えたか』)
  • 交流のもたらしたもの(中村元・三枝充悳『バウッダ』)
  • 生者・死者兼帯の複眼(岡田誠三『定年後』)
  • 扇よりも盆のような境地を(岡部伊都子『美を求める心』)
  • 加太さんの紙芝居学(加太こうじ『紙芝居昭和史』)
  • 散歩の名人、その軽い足どり(『植草甚一日記』)
  • 井上ひさしの文章作法(『自家製 文章読本』)
  • 即興の音楽をかなでる人(森毅『ひとりで渡ればあぶなくない』)
  • 動物の群棲という視点から(上野瞭『ひげよ、さらば』)
  • らくらく流れる自然の音楽(今江祥智『山のむこうは青い海だった』)
  • 少年になった父(乙骨淑子『ぴいちゃあしゃん』)
  • 体験をきりひらこうとする努力(柴田道子『谷間の底から』)
  • 『ヴァイキング』の源流 ——『三人』のこと——
  •  *
  • 読書日録
  •  *
  • 兵隊 ——戦争の傷痕——
  • 永遠の時間(アランカ・シーガル『やぎのあたまに』)
  • 『荒野に追われた人々』の著者に
  • 米国の伝統におけるシニシズムの欠如(ウォード、シュルマン共編『聯合国による日本占領一九四五 — 一九五二』
  • 収容所から社会主義国家を見る(高杉一朗『新版 極光のかげに』)
  • 森川哲郎の動機(『東条英機暗殺計画』)
  • 戦後民主主義の批判の書(中村きい子『女と刀』)
  • 息のながさ(金時鐘『猪飼野詩集』)
  • なくなった雑誌
  •  *
  • 再読
    • 『カラマーゾフの兄弟』ドストエフスキー
    • 『恋愛論』スタンダール
    • 『ハックルベリー・フィンの冒険』マーク・トウェン
    • 『人はどれほどの土地がいるか』トルストイ
    • 『デイヴィッド・コパフィールド』チャールズ・ディケンズ
    • 『ある革命家の手記』クロポトキン
    • 『荘子』荘周
    • 『史記』司馬遷
    • 『いろはかるた』島崎藤村
    • 『漱石全集』別巻 夏目漱石
    • 『ウィルフレッド・オウエン詩集』
    • 再読について
    • 読書年譜
  • 著者自身による解説
  • 解題
  • 人名索引
  • 事項索引
  • 収録作品索引
  • 索引凡例

続 第01巻, 新しい開国

ブックデータ
タイトル:新しい開国,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:2000-11-25,
ISBN:978-4-480-74721-1,大きさ:19cm 822p,
備考:

目次

  • 新しい開国
    • 序章 再建への道
    • 第一部 生きている戦争
      • 第一章 千六十八人が死刑に
      • 第二章 大東亜共栄圏はどこにいったか
      • 第三章 軍隊とよばれない軍隊
      • 第四章 地下にもぐった人びと
      • 第五章 日本のなかの異物
    • 第二部 日本がたちなおった
      • 第一章 日本への回帰
      • 第二章 かわりゆく男女関係
      • 第三章 ブーム・ブーム
    • 第三部 世界への流入
      • 第一章 こともたちの戦後史から
      • 第二章 大人たちの戦後史から
    • 解説
  •      *
  • 廃墟の中から
    • 序章 無風地帯の記録
    • 第一部 未来像の創造
      • 第一章 マッカーサーが来た
      • 第二章 死をとおして国家の復活を
      • 第三章 人民管理
      • 第四章 日本の予言者たち
      • 第五章 よみがえる共同体
      • 第六章 新しい憲法が生まれた
    • 第二部 占領されるということ
      • 第一章 占領軍の肖像
      • 第二章 実力者のすげかえ
    • 世界の流入
      • 第一章 やみ市をとおって
      • 第二章 引揚者のもってきた世界
    • 解説
    • 年表
  •      *
  • 一九九五年の解説
  • 吉永小百合の『第二楽章』
  • 一九〇五年以後
  • 日本の政治にノーマンをつくる読み手はいるのか
  • カメラをひいて
  • 著者自身による解説
  • 解題

続 第02巻, 御一新の嵐

ブックデータ
タイトル:御一新の嵐,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:2001-01-25,
ISBN:978-4-480-74722-8,大きさ:19cm 458p,
備考:

目次

  • 御一新の嵐
    • 序章 東西南北
    • 第一部 新しい力
      • 第一章 黒船以後
      • 第二章 戊辰戦争
    • 第二部 明治維新
      • 第一章 四民平等
      • 第二章 文明開化
    • 第三部 とりのこされた人びと
      • 第一章 反乱
    • 終章 昔も今も
    • 解説
    • 年表
  •  *
  • 石井研堂と江戸漂流記(対談・山下恒夫)
  • 講演 万次郎・英語・国際交流
  • 言葉はひろがる
  • わたしが外人だったころ
  • 英語の手本
  • 「革命」のとらえ方(鼎談・五十嵐武士、福井憲彦)
  • 著者自身による解説
  • 解題

続 第03巻, 高野長英・夢野久作

ブックデータ
タイトル:高野長英・夢野久作,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:2001-02-25,
ISBN:978-4-480-74723-5,大きさ:19cm 506p,
備考:

目次

  • 高野長英
    • 一 水沢の人
    • 二 留守家臣団
    • 三 蘭学社中
    • 四 西方の人
    • 五 無人島
    • 六 脱獄
    • 七 同行の士
    • 八 無籍者の死
    • 九 よみがえる長英
    •   高野長英主要著作
    •   年譜
    •   あとがき
  •  *
  • 鞍馬天狗」おぼえがき
  •  *
  • 夢野久作—迷宮の住人
    •  I はじめに
    • 第一部 夢野久作の世界
    •  II 架空のおいたち
    •  III 国境にえがく夢
    •  IV 生のめまい
    • 第二部 杉山泰道の生涯
    •  V 父・杉山茂丸
    •  VI 杉山泰道のおいたち
    •  VII 放浪と帰宅
    •  VIII 夢野久作の誕生
    • 第三部 作品の活動
    •  IX 意味の増殖と磨滅
    •  あとがき
    •  年譜
  •  *
  • 漫画から受けとる
  • 自分を探す本(吉野源三郎から『寄生獣』まで)
  • 自分の内部に辺境があるという前提が方法に(『辺境・近境』)
  • 著者自身による解説
  • 解題

続 第04巻, 柳宗悦・竹内好

ブックデータ
タイトル:柳宗悦・竹内好,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:2001-03-25,
ISBN:978-4-480-74724-2,大きさ:19cm 487p,
備考:

目次

  • 柳宗悦
    • 第一章 伝統と接点
    • 第二章 個のめざめ
    • 第三章 友人の眼・家族の眼
    • 第四章 健康という規準
    • 第五章 日常の神秘
    • 第六章 白樺派の文体
    • 第七章 朝鮮にひかれる心
    • 第八章 蒐集とは何か
    • 第九章 雑誌『工芸』
    • 第十章 神と仏
    • 年譜
    • あとがき
  •  *
  • 学問の位置
  • 重心の移動
  • 失われた転機
  • 時代への視線
  • 民芸の中の民芸と民芸の外の民芸
  •  *
  • 竹内好——ある方法の伝記——
    • 一 道徳の根拠はどこに
    • 二 長野県臼田町—東京
    • 三 善にはむくいなし
    • 四 となりの国では
    • 五 北京で
    • 六 留学
    • 七 中華民国万歳と大日本帝国万歳
    • 八 中国文学研究会
    • 九 「大東亜戦争と吾等の決意」
    • 十 魯迅の墓
    • 十一 兵士の足どり
    • 十二 回教圏研究所
    • 十三 太宰治への打ちこみ
    • 十四 戦後という状況
    • 十五 抵抗のうけつがれる場所
    • 十六 大東亜戦争記念の碑
    • 十七 思想の姿
    • あとがき
    • あとがきへの書きたし
    • 略年譜
  •  *
  • エゴのある場所(対談・新島淳良)
  •  *
  • 雑談の徳——久野 収
  • 負けることの意味を考えた哲学者——久野収
  • 未来につらなる二つの道——丸山真男
  • 自分がどこから来たか知っている人——中村きい子
  •  *
  • ひとり立つもの——金子ふみ子
  • 何を支えにするか——木下尚江
  • 日記の荷風
  • 架空の共同体
  •  *
  • 王者の風格——金達寿
  • 地域の世界主義——堀田善衛
  • 哲学者としての埴谷雄高
  • くずれたところのない人——加田こうじ
  •  *
  • 世紀のオペラ開幕
  • エピグラフとエピローグ
  • 著者自身による解説
  • 解題

続 第05巻, アメノウズメ伝

ブックデータ
タイトル:アメノウズメ伝,
著者:鶴見俊輔,つるみしゅんすけ,
出版社:筑摩書房,刊行年:2001-06,
ISBN:978-4-480-74725-9,大きさ:19cm 323p+93p(索引),
備考:

目次

  • アメノウズメ伝——神話からのびてくる道
    • 風穴をあける力
    • 見たての系譜
    • 暗夜のひかり
    • 笑いと政治
    • メタファーとしての裸体
    • バーレスクとストリップティーズ
    • 暴力をやわらげる諸形式
    • 日本がハダカになった日
    • 半身の塗りわけ
    • 家庭に入ったアメノウズメ
    • 日本・外国
    • 過去・現在
    • あとがき
  •  *
  • まなざしの中に哲学がある
  • 三つの悪
  • 手づくりの定義へのすすめ
  • 日本にこだわらない日本人
  • 主人公は誰か
  • どこにでもいるかもしれない
  • 一枚のカード
  • 生命観の諸相
  • 戦争のかなしみ
  • 毒人参をのんだソクラテス
  • 心にのこる声
  •  *
  • 日本人になる前
  • 記憶
  • 書かないこと、話さないこと
  • 半身のぬりわけ
  • 故郷
  • 気配の感覚のそだつ場所
  • 戦争と不可分の戦後
  • 背教について
  • 転向について
  • 方法
  •  *
  • 倫理への道
  • その他の関係
  • 出藍のほまれ——高橋幸子「まま父物語」
  •  *
  • 講演 アンソロジカル・カルチュア
  •  *
  • 講演 第二芸術論以後
  •  *
  • 多田道太郎「新選俳句歳時記」にふれて
  •  *
  • 随筆の魅力・魅力の随筆(対談・ドナルド・キーン)
  •  *
  • イシが伝えてくれたこと
  •  *
  • この時
  • 著者自身による解説
  • 解題
  • 索引